高専ロボコン

高専ロボコンについて


「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)は、若い人たちに、既成概念にとらわれず「自らの頭で考え、自らの手でロボットを作る」ことの面白さを体験してもらい、発想する事の大切さ、物作りの素晴らしさを共有してもらう全国規模のイベントです。」(高専ロボコン公式ホームページより

全国の高専生たちがそれぞれチームを組み、技術力・アイデア・チームワークを生かしてロボットで競い合う舞台、それがアイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(以下、高専ロボコン)です。 高専ロボコンとは、毎年NHKエンタープライズによって主催されている全国的な物作りのイベントです。 高専ロボコンは、将来技術者となる高専生に向けたロボット作りを通した「教育イベント」と位置づけされており、いわば実社会に向けた高専生たちにとっての「絶好の練習台」となっています。 しかしながら「練習台」とはいっても全く抜かりはなく、「地区優勝」、「全国優勝」または高専ロボコンにおける最大の栄誉である「ロボコン大賞」に向けてどの高専のチームも真剣に取り組むことの出来る「本気の舞台」です(2015年度の競技「輪花繚乱」の熱戦の様子はこちら)。

毎年各地で10月から行われる地区大会、そして11月に国技館で行われる全国大会では数々のドラマが築き上げられていきます。 数多の真剣勝負と手に汗握る展開、各々の盟友との絆。 そして、消えゆくことのない思い出。 高専ロボコンで得られた経験と知識は、その後のそれぞれの人生においてきっと役に立つものです。